So-net無料ブログ作成
イタリア ブログトップ

手袋の思い出 [イタリア]

昨日、仕事のため、梅田行きの電車に乗り、2人掛けの窓側に座っていると、
途中、同じ年頃の女性が隣の空いた席に座られました。
そして、少し経ち、何やら視線を感じたわたしが、そちらに顔を向けると、
隣に座った女性と目が合い、彼女は二コリと笑顔し、
「素敵な手袋だと思って~[ぴかぴか(新しい)]」と、わたしの膝の上に置いた手元に目をやったのです。
そして続けて「どこで求められたのですか?」と聞かれ、
「6年ほど前にベニスで買いました」とわたしが答えると、
「ああそうなんですか~[あせあせ(飛び散る汗)]通りでオシャレだと思いました」と、
ちょっぴり残念そうに、わたしの手にはめた手袋を褒めてくれたのでした。
そしてその後、その方とは会話することもなく終点で、
それぞれ電車を降りたのですが、そんな事があり、
ふとこの手袋を買った時のことが頭に甦ったのでした・・・

あれは、6年前のちょうど今頃、いつもの旅友の姉と、
ニースとベニスのカーニバル見物に出掛けた時のことでした。
先にニースのカーニバルに行ったのですが、
すっかり観光化され、道路沿いに設えた観覧席に座り、
ただパレードを見ただけのそれに比べ、
ベニスのそれは、まるで自分達も中世にタイムスリップしたかのような夢心地で、
すぐ目の前で見れる、貴族の素晴らしい衣装に感動しつつ、
自分達もマスクを買って、一緒にカーニバルを楽しんだのでした。

CIMG0409.jpg
CIMG0441.jpg CIMG0442.jpg
CIMG0443.jpg CIMG0444.jpg
CIMG0445.jpg

そして、そんな楽しいひと時を過ごしながら、
ベニスが2度目のわたし達は、前回は時間がなく行けなかった所へ行こうと、
あちこち散策し、地元の台所といえるような市場まで足を伸ばしたのです。
そしてその帰り、石造りの古い建物が建ち並ぶ細い商店街のような所を歩きながら、
ふと足が止まったのが、手袋専門店だったのです。
ショーウインドーに飾られた水玉柄の手袋が一目で気に入ったわたしは、
迷うことなく、ガラスのドアを押し中に入り、見せて貰おうとしたところ・・・

一人でお店にいた30歳代位の女性が、おもむろにわたしに手を広げさせジッと見て、
すぐ後ろの天井まである、商品がギッシリ納められた棚の中から一つ取り出し、
今度は、わたしの腰くらいもあるカウンターに片肘をつかせ、
そのピチピチの革の手袋を上手にはめてくれたのでした。
きっと、彼女は一目でわたしのサイズを見定めたのでしょうね。
まるでオーダーしたかのようにピタリとサイズが合い、思わず感動して~[揺れるハート]

以前、ローマの手袋専門店でも買ったものの、
あそこはサイズなんて調べもせず、今じゃブカブカになったのを思い出し、
若い女の子ばかりの店員といい、きっと観光客相手のお店だったのだろうと、
同じ手袋専門店でもいろいろあるんだと思い知ったり・・・
また、まだまだこんな手袋専門店などなく、
ましてやmm単位でのサイズがあるなんて、全く知らなかったわたしは、
手袋文化の西洋と日本との差を大いに感じたのでありました。

2012_0208_095541-DSCN0272.JPG

あれから、指先が冷たくなると愛用し・・・
コートの色に合わせ使い分けてる色違いのこの手袋、
どちらも今ではもう、スッカリわたしの手に馴染み、
まるで、はめてるのも忘れるほどになりましたが、
昨日のように褒められると、益々、大切にしようと思うのでありました~[ぴかぴか(新しい)]

あしあと(13)  コメント(21) 
共通テーマ:旅行
イタリア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます